アロマ占星学協会代表

松下 海香

アロマ占星学協会代表 松下 海香

 

アロマ占星学協会は「アロマテラピー教室NaturalHerb」から始まっています。

 

ストレス社会のニーズにより生まれたアロマテラピー。ハーブの香りで心の癒しを求める人が増えていく中、年々心の病をもった生徒さんが増えていき、ストレスからくる心の病について私自身深く考えるようになっていきました。

 

ストレスや悩みはその人の表面的なところだけではなく、その人のもつ気質や魂の願いによって解決法や慰めが変わってくるのでは?との思いが浮かび、人は何のために生まれては死んでいくのか?生きることは、魂の声に耳を傾けることが大事ではないのか?と思うようになっていきました。

 

そんな中、アロマテラピー教科書にでてくる16世紀イギリスの医師であり占星術家であった「ニコラス・カルペパー」が浮かびます。彼は、天体とハーブの関連性を詳細に割り当て、宇宙を含めたホリスティックな医学を展開した人物です。

 

 

「ハーブ(薬草)」と「星の言葉」に多くの人の病や心を癒す答えがあるのでは?と

 

直感的に占星学を学び始めました。

 

この時、自分自身も人生の苦悩につぶされそうになりながら、“自分の生まれてきた意味”を知りたい、“星の言葉を読みたい”と強く求め、数年間占星術を学び続けました。

 

その傍ら、自分自身励まされた“星の言葉”を多くに人に届けたいという思いから、「アロマ占星術講座」と「個人カウンセリング」をはじめ、クライアントさんの悩みを聞きながら、ただただ一心に「アロマ占星術」を伝え教え続けました。

 

それがいつしか使命感に変わっていき、“星の言葉”で沢山の人に生きる喜びを伝えたい。人は必ず果たすべき役割がある、持って生まれた才能がある、それに気づいた人は幸せです。

 

そのためには、これまで自分が培ってきた知識や思いを後世に伝えていかなくてはと、「アロマ占星学協会」を立ち上げました。

 

 

資格取得は目的ではなく、資格を取得したらプロとして多くの人の力になっていける。表だけの見せかけの資格では時代の流れとともに消えてしまいます。

 

 

古代から脈々と受け継がれてきた薬草と占星学の叡智を次世代につなげていける、天上と地上を繋げる媒体となっていける新時代のセラピストとして、後世に残る仕事を。

 

 

古代から病や心と真摯に向き合い確立されてきた「医学占星学」をベースにした「アロマ占星学」。

 

 

多くの人材が育っていくことを心より願いながら、私自身これからも日々尽力を尽くして参ります。共に力を合わせて“癒しの輪”を大きくつなげていきましょう。

 

                  2019年1月 松下海香

 

​日本アロマ占星学協会

®

© 2018 by NaturalHerb
 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

宣伝・広告 | マーケティング